サルベージ、そして住み繋ぐ

鎌倉笹目町”kominka village”

鎌倉kominka village

「住み繋ぐ家」・「繋がるコミュニティ」・「暮らしを楽しむ」

「鎌倉・笹目町」

駅まで平坦徒歩18分、緑豊かな谷戸の住宅地169坪が計画地となります。

全3世帯の古民家コミュニティをつくるプロジェクトです。

-コンセプト-

鎌倉の中心地、谷戸に広がる静かな住環境。

豊かな共有部をつくり、皆で共有利用できるようにします。

 

「古民家サルベージ」

3棟の古民家をそれぞれ丁寧に解体し再築利用、新しく全3棟の日本の住まいへと生まれ変わらせます。

・現地に建つ   建築基準法が出来る以前・大正時代の「古民家」1棟の再築

・埼玉・深谷より 立派な梁を再築利用可能な2階建ての「蔵」1棟の移築再築

・静岡・菊川より 平屋30坪の茅葺「古民家」1棟の移築再築

-L+K(lives+klass)-

「住み繋ぐ」

済み継がれてきた歴史ある建物を移築・再築することで歴史を引き継ぎ次の世代へと継承させることには文化的にも意義があります。

日本は”スクラップ&ビルド”の建築社会です。

環境問題も踏まえ、たとえ壊されてしまう古民家でもその材を活かし現代にマッチした建物へとしていく取り組み、それが「住み繋ぐ」という事でもあると考えます。

巷でよく言われる「地球温暖化の影響」か、冬も比較的暖かい日が多く感じます。

温暖化の影響でしょうか?温暖化対策で住宅業界の一番の課題は「スクラップ&ビルド」と「住宅の省エネ」です。

もともと古民家は、地域にある木や土を使い建てられた”地産地消”な「省エネ住宅」でした。

今回のプロジェクトでは、その暮らしがつまった住文化を引き継ぎながら、解体廃棄による「二酸化炭素排出」を少しでも抑え、省エネ化をバランスよく考え、鎌倉の街並みにマッチする「木と自然素材」で再築する日本の住宅をつくり暮らすことがコンセプトです。

  ※イメージ(”鎌倉長屋”より)

-K+E(klass+enjoy)-

「繋がるコミュニティ」・「暮らしを楽しむ」

個では得られない「コモヤード」(共有の庭)をつくり、みんなの庭としてアウトドアリビングのように使う提案です。

 

友人を招きBBQやガーデンパーティ、テントを張ってこども達だけのミニキャンプなど、遊び場として活用する暮らしを。

 

また、由比ヶ浜ビーチも徒歩で18分。朝から夜まで存分に楽しめる環境があります。

あなたなら何をして過ごしますか?


建築計画概要

所在地神奈川県鎌倉市笹目町
交通JR横須賀線「鎌倉」駅 徒歩18分
江ノ電「由比ヶ浜」駅または「和田塚」駅 停徒歩13分
土地権利所有権
敷地面積166.98平米~206.63平米(予定)
都市計画市街化区域
用途地域第1種低層住居専用地域
建ぺい率 / 容積率40% / 80%
設備公共下水、公営水道、都市ガス、電気
構造 / 規模2階建3住戸
総戸数3住戸
建物面積90.00~100.00平米(予定)




* 販売価格帯は近日サイト公開いたします(説明会ご参加の方にはご案内しています)

 

お電話でのご相談・お問合わせ

電話番号 0120-660-741

受付時間 10:00-18:00 水曜日/第1,3火曜日休み
* 担当者不在の場合はお時間をいただく場合がございます。

ご予約・資料請求



Top