Home > 「R」情報 > 大町3丁目800年続くお寺の借地権〜戸建てcoop住宅「Sould Out」

大町3丁目800年続くお寺の借地権〜戸建てcoop住宅「Sould Out」

「Sould Out」ご成約済み

800年続くお寺の借地権に暮らすチャンスです。

鎌倉駅から平坦徒歩13分、東口から小町の本覚寺、大町の妙本寺、安養院などのお寺が並ぶ風情ある街並を抜けた閑静な住宅地に位置する計画地です。

計画地データ

所在地
鎌倉市大町3丁目
交通
横須賀線「鎌倉」駅徒歩12分
権利
旧法借地権(20年)
土地面積
299.90平米(およそ90坪)
都市計画
市街化区域
用途地域
第一種低層住居専用地域
建ぺい率/容積率
40% 容積率/80%
設備
公営水道、都市ガス、本下水、東京電力
その他
風致地区。景観条例
鎌倉・大町エコビレッジ・戸建てCoop住宅/借地権分譲借地権について

・借地権=借りている土地 だからいつかは返さなければならない
・ 返す時には、更地にして返す
・毎月地代が掛かるのが負担
・将来的に地代が必ず上がり負担が重くなり大変
・自分のものではないから売れないからイヤだ
・住宅ローンも自己資金を相当準備しないとならないので無理だ
・、、、、etc

当社は過去にも鎌倉市内で数件の借地権分譲を手がけてきておりますが、その際ご案内する皆さんから、このような言葉が多くありました。

しかし、実は皆さんが思っている事「お寺の借地権」に限り全く違うのです。

その違いを一部簡単にご説明・紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◎今回の借地権は、800年以上続くお寺の「旧法借地権」となります。
借地=借りている、またがった認識ではありませんがでもその内容が違います。
借地権とは、不動産で言う「物件」となりこちらは自由に売却する事が可能です。
国ではこの借地権について「借地権割合」というものを設けており、その場所、場所での権利割合を公にしております。

いわゆる、その土地の値段の何割までが借地権に相当するか、という数値が
借地権割合ということです。
当然、地価の高い地域ほど、借地権割合も高くなります。

大体の目安という事になりますが、商業地では8〜9割、住宅地では6〜7割程度の場合が多いようです。
本件、計画土地は住宅地なので借地権割合は60%となっています。
本件計画地も将来この借地権割合に基づき価格設定をして借地権所有者がお寺の承諾のもと、自由に売却する事が可能で、自分の子供たちに相続も可能となります。

◎次に「地代」です。借地権は土地の所有者がいますからその所有者が固定資産税を支払いますので借地権者は土地に対する税金は0円です。
その代わりに「地代」があると考えると理解しやすいと思います。
そして、この地代の設定がお寺の場合、非収益事業とするために制約を受けていて固定資産税等の合計額の3倍以下までとなっています。
鎌倉市内の宗教法人はほとんどがこの規定内で地代を設定しているので、将来も高額な地代請求が無いことも安心です。

◎最後に気にある自己資金と住宅ローンについてです。
自己資金は、通常の物件とおり多いにこした事はありませんが10%〜20%の範囲で残りを住宅ローン借り入れで支払う「ご資金計画」が可能です。
その為には、当社提携銀行ローン及び天然住宅での住宅建設が条件となります。(銀行は、みずほ銀行となります。)

こちらの詳細は、個別説明会にて確認下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<気になる価格帯>

土地45坪(借地権)2000万円代後半より 2区画の限定です!

ご興味ある方は、サイト「個別相談会・説明会」のご予約から随時予約承ります。

詳しくはプロジェクトページヘ

この物件へのお問い合わせはこちらから