Home > コーポラティブハウス > 事例紹介 > 逗子銀座エコパッシブハウス第1期 建築工事進捗状況1

逗子銀座エコパッシブハウス第1期 建築工事進捗状況1

2組のファミリーによって建築中の第1期。
今日は、その内部をちょっとだけご紹介します!

zushi_kenchiku01_s
頼りがいのあるRC造。建築が着々と進行中。

zushi_kenchiku02_s
ここがB住戸の玄関。

zushi_kenchiku03_s
こんな大きな窓もつくれます。開放感いっぱい!

zushi_kenchiku04_s
ルーフバルコニーでは朝日も夕日も眺めることができます。
もうひとつのリビングとして活躍しそう。

zushi_kenchiku05_s
使いたいタイルの色を建築士と相談中。

zushi_kenchiku06_s
使用予定のフローリング材も確認します。

zushi_kenchiku07_s
コンクリート壁の色も2ファミリーで相談されて決めました。

コーポラティブスタイルにより2軒が連なった形となっていますが、それぞれの家族構成やライフスタイル、住まいへのこだわりに合わせて
まったく違った間取り、空間デザインがなされています。

皆様にぜひ体感していただきたいのは、ルーフバルコニーの開放感。空と太陽、ひとりじめです。
仕事のストレスも忘れます。

このシチュエーションはなかなか手に入るものではありません。
ぜひご覧になってみてください!

この『逗子銀座エコパッシブハウス』のさらなる魅力は、「パッシブデザイン」であるということ。
「パッシブデザイン」とは、太陽光や風といった自然の恵みを効率よく取り込みながら、冷房や暖房の使用を控えて快適空間をつくりだす、という建築方法。

どのようなお家ができるか楽しみですね。