Home > コーポラティブハウス > コーポラティブハウスのメリット

コーポラティブハウスのメリット

コーポラティブハウスのメリット

自由な間取りプラン

プロジェクトは全て「建築家プラン」を採用します。各住戸の間取りプランもこの建築家と打ち合わせて自由に設計していきます。

「吹き抜けのあるリビング」
「土間のある玄関」
「キャットウオークのあるリビング」
「愛犬と暮らすための室内設計」
など思い思いの設計可能です。

*但し建築基準法に基づき企画したプロジェクトマスタープランによる制限がある場合があります。

「個」だけでは得られない贅沢な外部空間

「個」だけでは得られない贅沢な外部空間を外構計画、植栽などを計画します。そこを行き交う 「人」 と 「人」 が 「街」 を中心につながる。
このような顔が見える暮らし方について提案してゆきます。

パッシブデザインの採用で豊かな緑のある街並
コモヤード(共有庭)を通じて豊かなコミュニティー形成
統一された街並
共有部には、雨水タンクの設置で非常時も安心

尚、統一した街並形成という観点から私たちコーディネーターもアドバイスさせて頂きます。

安心安全のRC造、フラット35Sの適用

建物構造はRC造を採用します。そして設計、施工基準は「フラット35S」の適用をうけますので安心、安全な建築です。

RC造、耐震等級◯を採用
戸建て感覚で暮らせるメゾネット住宅
メゾネット住宅だから下階への音を気にせず子育て世代も安心
屋上には緑地や庭をつくってプライベートガーデン
屋上防水は「構造躯体防水を採用」メンテナンス性が向上
このマスタープランをもとに各戸の室内は自由にアレンジしてプランニングが可能です。

価格の透明性

プロジェクトの予算はすべてが原価として参加者全員に公開されます。

個々の建築費用はもちろん、全体土地価格から各許認可取得費用、造成費用、地鎮祭費用まですべてがわかります。ここで掛かる費用は通常、分譲業者が土地原価として計上するものとなります。これを建設組合は、同じレベルで相見積もりや入札形式などを用いて決定していきます。尚、プロジェクトは当初予算内で収まるよう私たちがサポート致します。

良好な隣人関係

「自由設計」をキーワードにその場所に住みたいと思う事で集まった仲間ですから、
きっとライフスタイルや趣味、考え方を共有できるはず。

ましてや組合設立時から、みんなで話し合いをしてきた仲間です。
これが良好な隣人関係をつくる要素となりお隣通し顔の見える暮らしが実現します。

参加型の街づくり

自発的に参加して街づくりを楽しみながら進める事で「豊かなコミュニティー」が実現します。この場所に住みたいと思い集まった仲間ですからみんなが顔見知りとなりいざというとき助け合える関係も築けます。防犯効果だって期待できます。

また各戸の設計プランは定期的な組合総会やワークショップなどが情報交換の場となり疑問や悩みを共有し解決していく事で街並の統一感も生まれます。このような機会を通じながら人と人の親睦を深めていく事が将来の豊かな生活を実現させる理想の街づくりです。