Home > コーポラティブハウス > 古民家移築で長屋暮らし〜コーポラティブハウスプロジェクト〜 > blog 古民家移築で長屋暮らし〜コーポラティブハウスプロジェクト〜

blog 古民家移築で長屋暮らし〜コーポラティブハウスプロジェクト〜

nishimikado2

600坪の土地に古民家移築でコーポラティブハウスをつくろう

投稿日:2016年03月06日

計画地は鎌倉の山側、里山の風景が残る場所

心にも体にもここちよく、環境にもやさしい家。

家族はもちろん、ご近所さんも一緒に笑顔で暮らせる家。

そんな住まいの夢をかなえるプロジェクトが始まります。

 

こんな計画地です。

DCIM100GOPROGOPR0666.

 

この場所で「古民家移築+日本の伝統的工法でつくる木造住宅」を計画します。

第1期としておよそ300坪を使い全6世帯のコーポラティブハウス計画をつくり

移築する古民家は、栃木県から築120年のこんな建物を移築予定です。

 

 

1

 

SONY DSC

 

こんな立派な梁の小屋組みがある古民家です。

でも、古民家に暮らすことって大変なことは皆さんご存知の通りですから、この建物は

「コモンスペース」としてここに暮らす人たちが利用する「共有部」とする考えです。

 

そして、新築する住宅部分には移築後に残った利用できる古材や建具等の再利用も検討可能です。

コーポラティブハウスに古民家移築という組み合わせで何だか良くわからない、、、、、

難しい感じ、、、、イメージできないという方も多いと思います。

 

今回の計画は、サイト登録会員の方々の暮らしたい街NO,1でもある鎌倉で住まい探しをする際、

不動産会社やハウスメーカーでは絶対に教えてくれない「住まい方・暮らし方」の提案でもあり

皆さんで楽しく実践しながら住まいづくりができる良い機会です。

 

お手本となるのは、4つの家族が相模原市緑区藤野地区の里山に

共同で建築した「藤野プロジェクト〜里山長屋暮らし」。があります。

 

fujino

 

こんな建物で暮らす「鎌倉暮らし」憧れませんか。

一番気になるご予算ですが、募集目標価格 「4,000万円以内」(諸費用、内装含む)

詳細は、今少しお待ち下さい。

事前に現地を見てみたいという方お気軽にお問合せ下さい。

フリーダイヤル 0120660741