Home > コーポラティブハウス > 古民家移築で長屋暮らし〜コーポラティブハウスプロジェクト〜 > blog 古民家移築で長屋暮らし〜コーポラティブハウスプロジェクト〜

blog 古民家移築で長屋暮らし〜コーポラティブハウスプロジェクト〜

nishimikado2

鎌倉ならではの古民家を修繕や移築するという活動

投稿日:2016年04月22日

kominnka

 

最近の住宅問題として、空き家というのが問題視されていて、ずっと手の付けられないまま放置されてボロボロになってしまって倒壊しそうになってしまったり、

持ち主が亡くなられて誰も相続する方もいなくそのままになってしまう物件など、日本には様々な空き家があります。

現在政府機関がその様な持ち主がいない家や、倒壊してしまいそうな家の解体をオリンピックへ向けて始めています。そんな中、

鎌倉では「古民家移築プロジェクト」なるプロジェクトを立ち上げました!!

鎌倉の街は、戦災を免れた為に大正末期から昭和初期から当時のそのままの民家が立ち並んで残っているというのが鎌倉の特徴なのです。

この古民家によって「鎌倉らしい景観」を作り出す中核と考えられていて、

そういった古民家を保存し収益を得られる家にする取り組みを鎌倉全体として活動しています。

 

 

■古民家を大切にする活動内容

この様に鎌倉は時の流れを変えずにそのままそこに残り続けた古民家を、大切に修繕して生かしていくという活動が行われています。

これは「鎌倉」という街の景観=イメージを壊さないことを前提に、あの頃にタイムスリップしたような時間を演出することが鎌倉のブランディングにとって大切なことなのです。

鎌倉にはその他にも「古民家」に新たな光を差し込んで、修繕や改修をすることにより、

「鎌倉の景観」維持と、鎌倉に住む人々の心も豊かにできるような暮らしができる場所づくりに励んでいます。

また、「古民家移築プロジェクト」という活動で鎌倉へ古民家を移築して現代の建築とブッキングさせるという、

新しいライフスタイルの提案をしています。新しいもの×ヴィンテージな家のコラボレーションは溶け合ったり、

ぶつかり合ったりする表情が楽しめる家へと生まれ変わるんです。家は手をかければそこに住む人たちと共に成長するもので、

新品ばかりを使った新築にはない温かさや温もり、懐かしさを感じられる場所へと変化します。

「鎌倉に住みたい」と思っているあなた!是非、鎌倉を訪れて、空気や街並みをゆったりと楽しんでみてください。

きっとあなたにあった鎌倉生活が想像できるのではないでしょうか?

 

 

 

鎌倉の報国寺で竹林でたしなむお茶

投稿日:2016年04月21日

鎌倉の古民家移築プロジェクト最新情報はもちろん、鎌倉での暮らしをイメージして頂けるよう「食・住・遊」を

テーマに様々なみどころある情報を毎日更新していきます!

 

 

鎌倉は大人のデートスポットとしても人気なのはご存知でしょうか?
訪れる観光客の年代もとても幅広い年代の方が訪れる場所です。
今回は、「鎌倉の大人デート」ができる場所としてご紹介していきたいと思います。

ocha

■心落ち着く竹林でたしなむお茶

報国寺は別名竹の寺と呼ばれています。その名前の由来は庭に、約1000本の孟宗竹が広がる竹林が広がることからそう呼ばれる様になりました。

報国寺を創立したのは「足利家時」とも言われていますが、別の言い伝えでは「上杉重兼」とも言われております。

報国寺の本堂にはノーベル文学賞を受賞した日本の作家、川端康成が執筆している時の机が残されていて、同じ景色を楽しめます。

「竹の庭」には200円の入場料を支払い、竹林に入っていくと休耕庵があり、そこでは「抹茶と落雁(らくがん)500円」で、

スンとした竹林のなかでゆったりとお茶をたしなむのがオススメです。竹林の緑からこぼれる日差しが、心穏やかにしてくれます。

また、雨がしとしと降る日は、雨の音に耳を傾けてその響きを感じてみるのも心洗われます。

 

■もう一つの楽しみ方

報国寺では日曜日に『写経の会』なるものも行われています。こちらは若い女性に人気がある会の様で、心穏やかにする写経にいそしんでいます。

ご興味を持たれた方は、是非一度、報国寺を訪れてみてください。

更にこのお寺を訪れる際に人気なのが「着物」を着て散策するのがオススメです。着物は竹林やお寺さんと相性も良く、

着物を着て竹林を歩いていると鎌倉時代にタイムスリップした様な感覚を味わえます。

着物はご自身で持ってないという方は鶴岡八幡宮の近くで着物をレンタルしているお店もあるようです。

着物が似合う場所に住みたいと、鎌倉へ引っ越された方もいらっしゃって、着物を着て鎌倉のお寺さんや、街を散策するのが楽しみなんだそうです。

あなたにあった鎌倉ライフを見つけてみてください♪

 

【報国寺(竹の寺)】

■アクセス:JR鎌倉駅より太刀洗、金沢八景方面行きバスに乗ります。
バス停「浄明寺」下車、徒歩約3分
■拝観時間:9:00-16:00
■拝観料金:無料(竹の庭 拝観料金は200円)
■所在地:神奈川県鎌倉市浄明寺2丁目7−4
■電話番号:0467-22-0762

 

古民家移築プロジェクト本格始動〜古民家暮らしを知ろう

投稿日:2016年04月01日

鎌倉へ古民家を移築しコーポラティブ住宅を建設する取組みが始まっています。

コーポラティブ住宅とは、その場所に暮らしたい人が集まり、土地を購入し

「注文集合住宅」を建設しマイホームを取得する方式ですが,この仕組みで

その場所だけではなく、古民家暮らしをしたいという人たちを大募集します。

古民家というと「寒い,暗い」というイメージがあるかもしれませんが

今回計画では、移築+新民家ということで古きを大切にし、新しい設備や

断熱仕様で現在の建築基準法にあった快適な暮らしができる住まいを

設計していきます。

 

写真は、葉山某所にて古民家を再生した室内です。

DCIM100GOPROGOPR0687.

最新の設備再生した古民家(キッチン)

DCIM100GOPROGOPR0686.

DCIM100GOPROGOPR0708.

ユニットバス

DCIM100GOPROGOPR0707.

洗面所

DCIM100GOPROGOPR0705.

トイレ

DCIM100GOPROGOPR0692.DCIM100GOPROGOPR0701.

天井の古い梁と新しい材で組んだ小屋組はこんな感じです。

DCIM100GOPROGOPR0697.

いかがですか、古民家を再生させるとこんな感じになります。

こちらは、既存古民家をそのまま再生させた事例ですが、今回

プロジェクトでは移築でこのような空間つくりを実現させる

ことになります。

現在プランニング中で、来週には移築予定の古民家視察もあります。

まずは、明日の現地見学でもう少し詳しく概要をお聞きになってみては

いかがでしょうか。

 

ご予約制とさせて頂きますので下記よりお願い致します。

ーーーーー計画地見学日のご案内ーーーーー

日時:2016年4月2日土曜日 11:00から
4月9日土曜日、10日日曜日 11:00から

場所:鎌倉市西御門一丁目

集合場所:計画地現地

ご参加:ご予約制 10組まで(お子様同伴可)
*定員になり次第締め切りとさせて頂きます。

*ご予約いただきますと現地への詳しい地図などをご案内させて頂きます。
*現地へはお車でのご来場も可能となります。
*現地見学後は近くのカフェで一休み、計画概要や古民家移築などのゆっくりお話ししましょう。

(ご参加で1人ワンドリンク付きです。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご予約はメール、お電話にて承ります。
Mail :klass2#shonanstyle.com  #を@に変更しメールをお願いします。
フリーダイヤル : 0120−660−741

*ご予約時には「古民家移築計画地見学参加希望」と記載、参加希望日、
ご住所、お名前、参加人数、当日の連絡先をお願いします。
*当日のご予約はお電話のみとさせて頂きます。

600坪の土地に古民家移築でコーポラティブハウスをつくろう

投稿日:2016年03月06日

計画地は鎌倉の山側、里山の風景が残る場所

心にも体にもここちよく、環境にもやさしい家。

家族はもちろん、ご近所さんも一緒に笑顔で暮らせる家。

そんな住まいの夢をかなえるプロジェクトが始まります。

 

こんな計画地です。

DCIM100GOPROGOPR0666.

 

この場所で「古民家移築+日本の伝統的工法でつくる木造住宅」を計画します。

第1期としておよそ300坪を使い全6世帯のコーポラティブハウス計画をつくり

移築する古民家は、栃木県から築120年のこんな建物を移築予定です。

 

 

1

 

SONY DSC

 

こんな立派な梁の小屋組みがある古民家です。

でも、古民家に暮らすことって大変なことは皆さんご存知の通りですから、この建物は

「コモンスペース」としてここに暮らす人たちが利用する「共有部」とする考えです。

 

そして、新築する住宅部分には移築後に残った利用できる古材や建具等の再利用も検討可能です。

コーポラティブハウスに古民家移築という組み合わせで何だか良くわからない、、、、、

難しい感じ、、、、イメージできないという方も多いと思います。

 

今回の計画は、サイト登録会員の方々の暮らしたい街NO,1でもある鎌倉で住まい探しをする際、

不動産会社やハウスメーカーでは絶対に教えてくれない「住まい方・暮らし方」の提案でもあり

皆さんで楽しく実践しながら住まいづくりができる良い機会です。

 

お手本となるのは、4つの家族が相模原市緑区藤野地区の里山に

共同で建築した「藤野プロジェクト〜里山長屋暮らし」。があります。

 

fujino

 

こんな建物で暮らす「鎌倉暮らし」憧れませんか。

一番気になるご予算ですが、募集目標価格 「4,000万円以内」(諸費用、内装含む)

詳細は、今少しお待ち下さい。

事前に現地を見てみたいという方お気軽にお問合せ下さい。

フリーダイヤル 0120660741