Home > コーポラティブハウス > 古民家移築で長屋暮らし〜コーポラティブハウスプロジェクト〜 > blog 古民家移築で長屋暮らし〜コーポラティブハウスプロジェクト〜

blog 古民家移築で長屋暮らし〜コーポラティブハウスプロジェクト〜

nishimikado2

鎌倉であじさいを楽しめるお寺

投稿日:2016年04月29日

鎌倉は梅雨の季節も雨に関係なくにぎわう場所があります。
梅雨の時期に人気なスポットは「あじさい」が咲きこぼれる場所です。
あじさいがきれいなスポットは各県で様々な場所があるかと思いますが、鎌倉では「長谷寺(長谷観音)」が有名なあじさいスポットです。

ajisai

■長谷寺(長谷観音)
歴史は天平8年に作られたと伝えられている長谷寺は、奈良の長谷観音の名で親しまれている長谷寺に対し、「新長谷寺」と呼ばれ「長谷観音」の名で親しまれています。

あじさいは5月下旬から7月の上旬位まで楽しめます。それ以外にも長谷寺(長谷観音)には様々な季節で庭が楽しめるように、季節ごとの植物や花を植えておりますので、季節ごとの移り変わりを楽しめるのも、魅力の一つになっています。

更にそのシーズンは長谷寺(長谷観音)ではイベントも開催され、5月の第三日曜日には「かまくら長谷の市」、6月1日には阿弥陀会、6月18日には稲荷祭などが行われる予定です。

イベントに合わせてあじさいを楽しみに訪れてみるのもオススメです。静かなほうがいいという方は、平日のイベント以外が比較的ゆっくりとあじさいを楽しめると思います。

■鎌倉と古民家との調和
鎌倉には鎌倉時代幕府が設けられていたということで、お寺をはじめとする歴史的建築物が多く存在しています。そんな場所で暮らしを送るのはやはり「古民家」が人気です。

鎌倉独自の景観を壊さないようにということで、古民家移築プロジェクトが行われています。古民家に住むということは、鎌倉の景観を守るという意味もありますが、プラス「鎌倉の空気を身にまとう」ということは、古民家での生活をすることにもつながるのではないかと思います。

「鎌倉」という場所は観光地にも関わらず、1歩入ると緑豊かな自然が溢れていたり、少し行くと海も楽しめるという贅沢な場所です。

少しでも鎌倉に住んでみたいという方は是非、鎌倉に度々足を運んで色々なかくどから鎌倉を見てみることをオススメします。

『第15回鎌倉ビーチフェスタ2016』が開催

投稿日:2016年04月28日

『第15回鎌倉ビーチフェスタ2016』が開催が決定!
今年は5月22日(土)・23日(日)の二日間にわたって、由比ガ浜海岸で開催されます!!

【開催時間】
22日 10:00-16:30、23日 10:00-16:00 予定!!
鎌倉ビーチフェスタはではハワイ観光局が協賛しているということで、
ハワイの文化や歴史が学べるラーニングサイトなどもるようです。

fura

■ステージパフォーマンス
由比ガ浜海岸の特設ステージでは、フラダンスや音楽ライブなど2日間に渡ってパフォーマンスが繰り広げられるようです。

ステージでパフォーマンスをする方々は、一般のスクールチームやプロなどということで、知り合いの方のパフォーマンスを見学に訪れる方も多い様です。

■体験コーナー
体験コーナーでは、ゲーム遊びができたり、アクセサリー作り体験ができたり、アウトリガーカヌー体験など

、実際に体験をして楽しめるコーナーが用意されていますので、ご家族そろって楽しめます。

■物販コーナー
物販コーナーではハワイアングッズや、ビーチフェスタなどに関連する商品のブースが設けられていて、

フラダンスのパフォーマンスを見て、ご自身も始めてみたいという方がフラに関するグッズを買い求めたり、

ここでしか買えないハワイアングッズなどを買い求める方が多いそうです。

ハワイアンならではのカラフルで可愛いグッズや、海に関連するグッズが沢山ありそうです。

■模擬店・屋台コーナー
模擬店や屋台のコーナーでは、焼きそばなどのイベントでよく販売されているものや、ハワイに関係する飲食物も販売されるそうなので、

お腹がすいたら美味しい食べ物が沢山ありますので、食べれる様になっています。

更に、地元の飲食店の出店もありますので行ったことのないお店のショップがありましたら、是非味わってみるのもオススメです。

その他海上保安庁のコーナーブースや鎌倉警察署のコーナーもあるようですので、安心して鎌倉ビーチフェスタのイベントを楽しめそうです♪

鎌倉でかき氷が美味しいお店3選

投稿日:2016年04月27日

これからの季節は「冷たい甘味」が食べたくなる季節になります。
近年のかき氷ブームもさることながら、鎌倉で食べるなら和甘味ということで、これから訪れたい冷たい「かき氷」が楽しめるお店をご紹介します。

■かき氷の歴史
かき氷の歴史は古くから食べられていたとされて、平安時代に清少納言によって書かれた枕草子の中の、「上品な、良いもの」の段に

削り氷に甘茶蔓(アマチャヅル)の樹液・茎の汁をかけたとされる記述が残っています。

そんな昔から氷があることに驚きを受けますが、上流階級でしか食べられなかった「かき氷」は現代では誰もが食べられる甘味になりました。

kakigoori

■鎌倉で食べられるかき氷

◇茶房 雲母(さぼう・きらら)
甘味に入れられる、ピンポン玉サイズの大きな白玉が有名なお店。
甘味処のかき氷なので少し昔ながらのかき氷をお楽しみいただけます。

アクセス:鎌倉駅から徒歩10分
住所  :神奈川県鎌倉市御成町16-7
電話番号:0467-24-9741

◇山里 段葛店
京都の老舗店より伝授した製法で作られているかき氷が楽しめます。
他の和甘味も豊富です?

アクセス:鎌倉駅東口より徒歩3分
住所  :鎌倉市小町2-10-18 二ノ鳥居ビル 1F
電話番号:0467-24-9244

◇おいもカフェ金糸雀(KANARIA)
ふわふわで口どけの良いかき氷は、季節毎のかき氷も楽しめるお店です。
和と洋のコラボしたジャーパフェも人気なお店です。

アクセス:JR鎌倉駅東口徒歩4分
住所  :神奈川県鎌倉市小町2-10-10 第4榎本ビル1F
電話番号:0467-22-4908

■鎌倉に住みたい理由
今回は3店ご紹介させていただきましたが、おいしいかき氷が食べられるお店はまだまだ沢山ありますので、

是非鎌倉の街を散策してみて見つけてみてください。

鎌倉に住みたい理由の一つとして、「雰囲気あるお店が多い」ということがあげられます。

ふらっと外出して立ち寄る喫茶店やカフェは、古民家を利用して建てられているハイカラなお店も多く、

時代を重ねた建物と共に味わえる時間や空間というのが贅沢なものです。

鎌倉に住みたいとお考えの方は、常連になりたいお店を見つけてみてはいかがでしょうか?

新鮮な鎌倉野菜を使った身体に優しいランチが食べられるお店

投稿日:2016年04月26日

鎌倉の豊かな土地で育てられる「鎌倉野菜」は一般市場で出回ることはほぼありません。鎌倉の直売所などで販売されていて、わざわざ仕入れに遠くから訪れるシェフや料理人も多い様です。

そんな鎌倉で身体に優しいランチが食べられるお店を紹介します。

■鎌倉 松原庵 (kamakura matsubaraan)

鎌倉のランチで美味しいお蕎麦と新鮮な鎌倉野菜を楽しむなら「鎌倉 松原庵」がオススメです。

古民家を改装した店内は、落ち着きのあるモダンな空間が広がります。お天気のいい日は庭のテラス席で鎌倉の空気と美味しい食事を楽しめます。

ランチコースは「由比」2,900円、「長谷」3,200円、「松原」4,000円の3コースが用意されていて、どのコースも「旬野菜の天ぷら」と「お蕎麦」が楽しめるコースが用意されています。

旬の鎌倉野菜とお蕎麦のヘルシーなお料理で、あなたも鎌倉美人or鎌倉美男を目指しましょう♪

◇住所:神奈川県 鎌倉市 由比ガ浜 4-10-3    TEL:0467-61-3838 

 

kamakurayasai

 

■オステリア ジョイア(Osteria Gioia)

新鮮な鎌倉野菜が食べれると有名な「オステリア ジョイア」は、鎌倉の畑を耕し自家製畑から採られた鎌倉野菜を楽しめるお店です。

自家畑では70種類以上の鎌倉野菜を作っているということで、季節の鎌倉野菜を楽しめるのも毎回足を運びたい理由の一つです。

2016年5月26日(木)には鎌倉駅西口から徒歩1分の所に移転されるようです。5月22日(日)までは由比ガ浜2丁目で営業されているとのことで、お間違えなく!

移転後の店舗にはテラス席も4席から8席ご用意されるとのことで、鎌倉の風に吹かれながらヘルシーで新鮮な鎌倉野菜と美味しワインで身体の中から健康になれそうです。

◇新住所:鎌倉市御成町13-40 ヒラソル鎌倉1A  TEL:0467-24-6623※番号は変わらず

鎌倉駅西口徒歩1分

 

鎌倉は身体にいい料理や、新鮮な鎌倉野菜が楽しめるフラッと足を運べるお店が沢山あるのも楽しみの一つです。

古都『鎌倉』で訪れたい古民家カフェ

投稿日:2016年04月25日

 

 

鎌倉には美味しいお店や、おしゃれなカフェや喫茶店などが沢山あります。
その中でも鎌倉の景観を作っている一つが『古民家』です。
鎌倉の古民家に住む人々も沢山いるのですが、景観を崩さぬよう古民家を改装してオープンさせた「古民家カフェ」ならぬお店があります。
今回はそんな古民家を改装して作ったカフェを紹介していきます。

kominnka cafe

■甘味処 無心庵
鎌倉ではとても有名な甘味処で、江ノ電の「線路を渡らないと入れない」古民家カフェです。江ノ電で通り過ぎるときに、こんなところにお店があるのか?

とびっくりされる方もおおいはずです。

木の門をくぐってお店の中に入ると、そのままの古民家を利用しているので上がり口があります。靴を脱いではいると、

囲炉裏がある席や、お庭が見える席、椅子がある席などがあります。
古民家をそのまま利用した席なので、誰かの家で甘味を楽しんでいる様な感覚も味わえます。

ゆったり鎌倉を楽しみたい方にオススメな古民家カフェです。

 

■kamakura24sekki/カマクラ 24セッキ
kamakura24sekki/カマクラ 24セッキのお店も古民家をそのまま利用したカフェになっています。

このカフェの特徴は築40年ほどの、古民家をカフェ風にリノベーションした店内になっております。

長椅子が気の看板表札だったり、木の張をそのままむき出しにしてあったりと、所々に古民家を思わせる工夫が施されています。

この古民家カフェで味わえるのは、自家製の天然酵母パンと、自然野菜をふんだんに使った

ベジスープなど身体にいい素材を使用したものが味わえる古民家カフェです。

こちらのカフェの店主は、ご自身の経験からパンやカフェメニューを作る素材には様々なこだわりがあり、

ベジタリアン、マクロビオテック、ビーガンなどの食を召し上がる方にも利用できるお店です。

 

■古民家に住みたい人へ

今回は2店、古民家を改装して営業されているカフェをご紹介しましたが、鎌倉は景観維持をする為、

このように住居だけでなくカフェなどの飲食店も古民家を利用して営業しているお店が沢山あります。

古民家カフェを訪れて、鎌倉で古民家に住んでみたいと思われた方はお気軽にお問合せください。