募集中 鎌倉コーポラティブハウスご参加者の声_T様

鎌倉駅から徒歩10分の土地でプロジェクト進行中の『鎌倉コーポラティブハウス』。
都内にお住まいのT様ご夫妻は、鎌倉での暮らしをおふたりで楽しみたいという思いから、このプロジェクトへのご参加をお決めになられました。建設スタートを目前にしたおふたりのお気持ち、聞いてみました。

 

おふたりは、現在はどんなおうちにお住まいですか?

世田谷区内の賃貸マンションに住んでいます。僕たちふたりのほかに愛犬がいるので、ペットが飼えるマンションです。(ご主人様)

『鎌倉コーポラティブハウス』でのお住まい建設を決めた、そのいきさつをお聞かせください。

最初は、今と同じ世田谷区内で新居を探していました。今住んでいる賃貸マンションと同じくらいの広さに1部屋増やし、さらにベランダもプラスしたいと思い、そういった物件を探したのですが世田谷は土地の価格が高くて…。

フラットな家に住むことがふたりの希望なのですが、平屋で庭もある家となるとそれなりの土地面積が必要になり、世田谷ではなかなか見つかりませんでした。(ご主人様)

都内のほかのエリアも探したのですが、やはり予算オーバーで…。(奥様)

今住んでいる賃貸マンションと同じ程度の広さを確保しようとすると、7,500万円くらいになってしまうんです。

そんなときに妻が得意のインターネットを駆使して情報収集していたところ、「コーポラティブハウス」という暮らし方があることを知りまして。コーポラティブハウスだったらある程度の広さが確保できて、なおかつフラットな家も建てられるかもしれない、ということで注目し始めました。

そして、僕がサーフィンをするということもあって、海の近くがいいのでは? だったら鎌倉がいいね! という思いが生まれ、ピンポイントで「暮らす湘南」のサイトに行き着いたんです。

すぐに御社に連絡をして現地を見せてもらい、今建っている古家も見て新居のイメージもできて「ここならいいね!」という気持ちになりました。立地としては観光客の多い地域からは離れているのに、鎌倉駅までは徒歩10分。そして海にも近い!(ご主人様)

屋上がつくれることもよかったですね。(奥様)

それに、御社からご提案いただいた設計がちょうど今の賃貸マンションに1部屋プラスされるような間取りだったので、これなら僕たちが理想とするすべてが入っている! と思いました。(ご主人様)

彼が、サーフボードの収納をどうしようかと考えていたら、福田さん(弊社代表)もサーフィンをされる方で、「階段に収納できるようにしては?」とアドバイスもいただいたんですよ。(奥様)

僕は、車を購入したときもディーラーさんがサーファーで。大きな買い物をするときには必ずサーファーと出会うんです。これも何かのご縁かなと。海好きに悪い人はいません!(笑)。(ご主人様)

ご主人様の通勤時間はどれくらいになりそうですか?

僕の勤務先は新宿なので1時間ちょっと。今の通勤時間に30分プラスされるくらいですね。これも問題ないと思っています。休日に世田谷から湘南に行くには、これまでは往復3時間くらいかかっていたのですが、これからは歩いてすぐ。このメリットも大きいと思っています。ワークライフバランスが取りやすくなるのではないでしょうか。(ご主人様)

電車の中で仕事モードと休みモードの切り替えができるかもしれないですね。(奥様)

これから建てるお住まいへのこだわりは?

壁で細かく区切られた部屋は好きではないので、自由に歩いたりしゃべったりできる広場のようなリビングを中心につくりたいと思っています。そして、夢だった屋上を実現させて、お昼寝したり、バーベキューしたり。サーフボードのメンテナンスもしたいですね(笑)。(ご主人様)

今の賃貸マンションでは、駐車場でボードの修理をしているものね。他の住民の方に「すいません、すいません」っていいながら(笑)。(奥様)

妻は趣味の料理を楽しむこともできるでしょうし、たくさん人が集まってわいわいがやがやできるのではないかとも思っています。(ご主人様)

鎌倉ではおいしい食材も揃いますしね!

ほんとにそうなんですよね。友達が鎌倉の常盤に住んでいるので、いろいろなお店に連れていってもらい、すでに鎌倉の味を楽しんでいます。(奥様)

女性の目線で見て、鎌倉の魅力はどんなところだと思いますか?

ワンちゃんと一緒に入ることのできるお店が多いことがうれしかったです。

私は着物を着ることも好きで、ある日、御成の着物屋さんに入ろうと思い、連れていた愛犬をお店の前につなごうとしたら、お店の方が「ワンちゃんも一緒にどうぞ」って言ってくれて。私が着物を見ている間、リードを持っていてくれたんです。

今住んでいるエリアにはワンちゃんと入れるお店があまりないこともあり、「ここはなんていい街なんだ!」と一気に好感度がアップしました(笑)。(奥様)

鎌倉には着物などの“和”を楽しめるお店もたくさんありますよね。

これから散財しちゃうかもしれません(笑)。(奥様)

震災後には海の近くに住むことを懸念する方も多かったのですが、おふたりはどうお考えですか?

笹目町のこの土地は、海抜があるのであまり心配はしていないです。(ご主人様)

たとえば都内の新築マンションに住んでいたとしても、震災があれば崩れてしまうかもしれないし、逆に、海の側だからといって必ず被害に合うということでもないですし。

今までは、土日になると彼は海に行ってしまって1日じゅう帰ってこないので、私は世田谷のマンションでひとりになってしまっていたんですね。でも、鎌倉に住めば海がすぐ近くなので、私がひとりきりになることが少なくなるだろうなと。(奥様)

何か起こったとき、ひとりきりじゃないのはとても安心ですね。

コーポラティブハウスではご近所の方とも交流が持てるので、何かあったときに助け合うことができますよね。僕が会社に行っている間は妻がひとりになるので、それも安心だなと思っています。(ご主人様)

おふたりの趣味がとことん楽しめる素敵なお住まいになるように、私たちも引き続き全力でお手伝いさせていただきます!

Top