Home > 湘南に合うインテリア〜海の目の前編

湘南に合うインテリア〜海の目の前編

10月になり衣替えのシーズンですが、ところでみなさんお部屋の衣替えってしてますか?

こたつはまだだと思いますが(笑)

ソファや椅子など大型の家具を買い替えたりするのは大変ですが、クッションカバーやラグ、ベッドカバーなど、ちょっとした小物を変更する事でお部屋の季節や雰囲気は変わります。

弊社でご紹介している海沿いのコーポラティブハウスや湘南の古民家、ご自宅としてはもちろん民泊での活用をお考えの方も多くいらっしゃいます。

今日は立地は抜群!な海沿いのコーポラティブハウスをより魅力的にするインテリアをご紹介したいと思います。

 

海と言えば定番ブルー!

カジュアルなダメージデニムを使ったソファを中心に、ブルーと落ち着いたウッドカラーで大人のイメージに。

wtw1-2

同じデニムのソファを使っていますが、こちらはブルー×ホワイトで爽やかに。

wtw15

こちらも同じソファですが、デニム生地をブリーチした後に薄い水色に染め直した爽やかでかわいらしい印象に。
同じソファを使っても合わせる色によってずいぶんと印象が異なります。

wtw14

また、最近流行のシャビーシック(使い込まれた古ぼけたテイスト)は、潮風によってさびれたインテリアを演出するのに効果的です。

ホワイト基調ですが、アルミやアイアン素材、アンティークチェア、ブルーグレーのチェアカバーなど、ヴィンテージ風の小物を使うとぐっと古びた感じになり、長年潮風をうけた海辺の家を演出できます。

cal2 カリフォルニア1

使い込まれたアンティーク感のあるレザーソファも、キリムやネイティブ柄のファブリックを使うとぐっと西海岸風になります。

wtw6 wtw18

こちらは生成り生地のソファとダークブラウンのセンターテーブルやサイドテーブルでアンティークな雰囲気ながら、クッションで海を演出。

地中海3

様々なテイストや素材を組み合わせて、ラフで使い込まれた雰囲気を演出するカリフォルニア風インテリア。湘南の住まいにはよく似合います。

特に海が目の前の「辻堂オーシャンビューフラット」、「アロハコレクション茅ヶ崎」にはピッタリ!
こんな素敵なリビングから海を、富士山に沈む夕陽を眺められたら最高ですね〜

海の目の前の「辻堂オーシャンビューフラット」5戸、「アロハコレクション茅ヶ崎」は残り1戸、ただいま募集中です!

資料請求、現地見学、ご相談などはこちらから formzu.net/fgen/S17545314/

次回は古民家に合うインテリアをご紹介します。