Home > 大正時代の古民家を利用した炭焼き食堂

大正時代の古民家を利用した炭焼き食堂

すっかり寒くなりました。

朝のビーチもそろそろ砂浜が刺すように冷たくなり、裸足のサーファーは足元から冬を感じる季節です。

今年は秋があったのかと思うぐらい駆け足で冬がやって来たようです。

今日はそんな寒い時期に心が温かくなる、古民家レストランをご紹介します。

 

江ノ電「湘南海岸公園駅」下車、徒歩1分、江ノ電沿いにある築140年の薪問屋(薪仙)さんの古民家を改装してオープンした「炭焼きミンナミ食堂」です。

 

薪問屋さんの1階一部にキッチンがあり、食事のスペースは2階です。

14

みんなみ食堂3

店内は大正時代の風情を残したまま、ミッドセンチュリー風の家具でまとめられ、古民家とマッチしたお洒落な温かみのある空間です。
みんなみ食堂1

みんなみ5

窓越しに江ノ電を眺めながらのんびりと。
みんなみ食堂4

みんなみ食堂2

みんなみ食堂8

みんなみ食堂7

みんなみ食堂15

お料理は炭焼きをメインに、焼き鳥や焼き魚などの定食、和食をメインに季節のカレーなどもあります。どれも優しい味で外しません。

 

オーナー兼シェフは鵠沼海岸商店街の繁盛店「鵠(くぐい)」の元店長・天谷さん、とその奥様で切り盛りされています。
サーファーでもある天谷さんの人柄で多くのローカルサーファーを始め、優しい和食の定食という事で女性にも大人気のお店です。

みんなみ食堂11

古民家リノベーションがステキに活きている「ミンナミ食堂」。
ぜひ古民家の良さを感じに訪れてみてはいかがですか。

みんなみ食堂16

www.facebook.com/炭焼きミンナミ食堂-770265449774347/